« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月21日 (日)

メゾ 2007年新年会編

毎度どうも、メゾです。

 

2/20にメゾプレゼンツ新年会2007が開催されました。

内容はプリズムオブライトのボス部屋で宴会です。

やはりメゾ一人での企画運営となるとこの程度なあと痛感した一日にもなったね。


2/20 22:00前、、、

 

集合場所のヘ向かいます。

0701201

写真は22時5分前くらいの様子。

結構集まってるかなあと思いきやペッサーともっちーさんだけでした。

それから待つこと20分弱。

0701202

ペガさんをはじめとするモツギルドが到着。

続いてヴァッシュさんやララさんも登場。

メゾとBjを中心に構成されたチームメゾ、モツギルドで構成されたチームモツに別れ

出陣します。(ちなみにライオンは遅刻。ほげら・・・

 

~ プリズムオブライト内の地獄絵図はSSに収めるの忘れたため省略 ~

 

まさかというか予想通りというか、みんな死にまくります。

その中でもボス慣れしたチームモツは順調に鍵を集め、

チームアフロは順調に死体を重ねていきます。

 

そして撤退してチームモツの応援に回ります。

0701204

0701205

応援するチームアフロ。

必死の応援の甲斐あってかチームモツがキーを揃え終え、ボス部屋へ。

チームアフロも精鋭たちがチームモツの勇姿を見るために突入します。

 

ボス部屋へ突入すると、、、

0701206

巨大なモヤっとボールがお出迎え。

もっとボス部屋がきれいなイメージあったんだけど、かなり血みどろですね。

0701207_1

ペッサーから毒が効くよと教えてもらって

いてもたってもられなくなってボスへ特攻します。

どうです?このメゾの勇姿。(この後鬼逃げです・・・

 

この後、ボス戦も終盤戦を向かえ

ボス部屋の隅っこで動きが・・・

0701209

もっちーさんライブinクリボス開催です。

07012011

実は今日の本当の狙いはこれだったり。

いつもは北斗祭りでしっかり聞けないことが多いのでいい機会でした。

 

そんなこんなしてる間にボス討伐に成功します。

戦利品を頂戴して地上へ凱旋!

07012012

 

地上へ戻って、打ち上げをするためにスカラの酒場へ移動します。

07012013

ちゃんと片付けもしますよ。

 

07012014

07012015

スカラでの打ち上げ。

もっちーさんの演歌やライオンのお腹痛い詩の朗読やらありました。

07012018

07012019

打ち上げの打ち上げへ・・・

今度は戦利品をダイスで分配します。

もうね戦利品の内容よりもダイスでライオンに負けたのがショックだね。

 

そんなこんなで楽しくもしょっぱい新年会は幕を閉じるのでした。


<以下新年会解散後>

 

解散後、ダイス会場では・・・

07012021

07012022

椅子と机の片付けと思いきやこんなことに・・・

その後、モツギルドのGHへお邪魔してモツギルドプレゼンツ迷路大会へ。

07012023

07012024

みなさん、眠いなか最後までありがとうございました。


<今日の反省>

ちょっとプリズムオブライトの予習が足りなかったです・・・

今度はもちっと予習復習を徹底したいですねえ。

 

また機会がありましたら参加してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

メゾログ 職業斡旋所8

(1)職業解説と構成について

Photo_62

 ヴァンガードとは魔法抵抗を持たずサブスキルとして武士道と受け流しを加えた魔法戦士である。魔法抵抗を持たないためアシスト系魔法には弱いが、武士道と受け流しを持ち高いDEXを持っているためイベーションによる回避とLightning Strikeによる安定した打撃力が魅力であり、攻撃面では申し分ない。
 マナが少ないのが一番のネックになるため、長期戦をあまり得意とせず短期戦での戦いがほんとどとなる。そのため、一度のコンボで押し切れるような技術が要求される。

 

(2)戦術について

 戦術として、魔法と打撃の攻撃力的には前衛後衛のどちらでも問題ないのだが、マナが少ないため前衛で戦うほうが相性が良い。ただし、マナを増やす装備で固めれば後衛での戦いのほか、マナに余裕ができることで長期戦も多少できるようになる。
 攻撃面では問題ないのだが、魔法抵抗を持たないためアシスト系魔法に弱い。イベーションで魔法を回避することもできるが、あまり回避に期待せずアシスト魔法には十分に注意したい。

●PT時、前衛で戦う場合
 前衛で戦う場合はLightning Strikeでの打撃を中心に戦う。マナは少ないが瞑想を持つためLightning Strikeを連続してもマナの消耗は戦士ほど多くはならない。注意として回復にマナを使用するため、マナの残量を考えながら戦って欲しい。

●PT時、後衛で戦う場合
 後衛で戦う場合、解剖学を持っているためスペルブックを持っての魔法戦をすることも可能だが、マナが少ないため魔法攻撃力は高いのだが持続しない。魔法戦に専念するというのならLTやFBといった低サークルの魔法をメインに使用するほうがいい。EBやFSなどの高サークル魔法ではすぐにマナ切れを起こしてしまう。

 

(3)装備品について

●使用武器について
 職業斡旋所において武器スキルとは弓術、格闘以外の近接武器のことをさす。使う得物に関しては自分で使い勝手のよいものでいい。下記の武器についてはあくまで参考程度に考えて欲しい。

●ヴァンガードの得意武器
 ヴァンガードは武士道を持つため木刀を装備することによってNerve Strikeを使うことができる。木刀は適用武器スキルがソードなため、武器スキルをソードにすることをお勧めする。ソード以外でもベストウェポンの木刀を使用すればNerve Strikeを使うことができるが、イベーションが使えなくなってしまう。

●使用武器:ソード
 使用武器がソードの場合比較的速度の速いkatanaやCleaverもしくはBroadswordやLong Swordといった攻撃力の高い武器を使うといい。もし、PvPに使うのならBone harvesterをサブウェポンとして持つことでMortal StrikeやParalyzing Blowといった有効なSPMを使うことができる。

●使用武器:フェンシング
 フェンシングの武器は全体的に攻撃力が低めで速度が速いという特徴を持っている。DaggerやKryssなどLDEXでも速度2sを確保できる武器があるのが魅力的でSPMにInfectingを持つものが多い。毒スキルをもたなくともLesser Poisonを塗った武器なら扱うことができる。また、攻撃力の高い武器としてSpearや速度は遅いが片手武器のなかで最高の攻撃力を持つLanceがある。

●使用武器:メイス
 メイスの武器は攻撃力の高い武器が多いのが特徴である。MaceやQuarter staffのように速度の速いものやHammer pickやWar axeなど攻撃力の高い片手武器がある。攻撃力の高さのほかにSPMの組み合わせが優秀なのが魅力的である。ただ、過去の修正にてWandの使い勝手が悪くなったが援護などでは十分に使える。

●防具の選び方
 魔法戦士の防具において重要視するプロパティはマナコストである。高いマナコントロールに高いマナコストを持つことによって、攻撃から回復までマナを使う魔法戦士のマナ消費を抑えることができる。またマナ回復もあるに越したことは無いが、瞑想を持っているためマナコストほど重要視せずとも高いマナコントロールを持っている。

●アクセサリーの選び方
 打撃と魔法を両立する魔法戦士にとってアクセサリーはまずファストキャスト、キャストリカバリを確保することが重要である。目安としてはファストキャスト2、キャストリカバリ5くらい。キャストリカバリは5以上あることで魔法待機時間にストレスを感じることなく魔法が使えるようになる。そのほかSPMを確実に決めるための命中やダメージ増加のプロパティを選ぶといい。

●有効なネーム品装備について
・Totem of the Void
・Rune Beetle Carapace
・Nystul's Wizard's Hat
・Hat of the Magi
・Ornament of the Magician


毎度どうも。

久々の職業斡旋所の更新です。

さすがに少しずつネタが尽きてきた感があるきがしますね・・・

こんな感じの職業考えてくれってのあればオシエテクダサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

メゾ 2007年あけおめ編

毎度どうも、メゾです。

 

2007年明けました。

ちょっと遅めですが、あけましておめでとうございます。

今年も、メゾログをどうぞよろしくお願い致します。

 

とまあ、新年の挨拶はそこそこに今日の話題です・・・

実はあけおめ編といいつつも去年のネタだったりします。

去年の4月ごろ、まだメゾログを作る前の出張の写真でもお見せしようと思います。


出張先は、中国。

上海浦東(シャンハイプードン)空港を経由して寧波(ニンポウ)への出張でした。

この前の出張ネタで行ったところよりは大分都会です。

その分ホテル代も高いわけですが・・・(1泊790元=約12000円)

とりあえず部屋にミニバーがあるものの、面白そうなものはこのくらいでした。

063_1

コレは洗面所で見つけたものです。

さすがに5つ星というだけあって飲料水があります。沸かさないと怖くて飲めないけどね。

ただ、飲料水が面白いわけではないんですよ。

写真の赤線が引いてあるところ・・・のめみず?のみみず?

まぁ、海外ではありきたりな誤翻訳だと思います。飲め!水ッ!って命令形ですかね・・・。

 

正直、部屋の中は普通に立派だったんで他に面白いものはありません。

なので少し窓からの風景でも・・・確か、部屋は10階くらいだったっけな。

061

062

中途半端な都会の夜景ですね。

それでも、ホテルの周りにはショッピングモールがあったりとなかなか賑やかです。

仕事のあと散歩するには困らなかったです。迷子になりかけますが・・・


今回の仕事は、大分踏ん張った甲斐があって一日早く終わりました。

で、一日はやい飛行機のチケットも取れなかったので一日観光することになりました。

行き先は杭州の西湖。なにやら湖があるらしいです。

移動手段は高速バス、なんと片道3時間・・・

日本のバスと違って椅子がふかふかなのでゆったり行けます。

 

杭州に到着。

そこからさらに路線バスを乗り継いでようやく西湖に到着です。

064

まず目に付くのがこの塔でした。

なにやら中国の『白い蛇』のお話にまつわるものらしいです。

ちなみに、写真中央のはエスカレーター。

068

で、これがそのお話の内容。

中国は分からないし、正直英語も得意じゃない。なのでこれ見てもサッパリ・・・

065

塔の中にも入っちゃいます。

上の写真の塔は脚色して復元したものらしく、この写真のはもともとの塔らしいです。

遺跡としてこういうものを残すのはいいと思いました。

ただまぁ、崩れるのを必死に支えすぎですね。

ちなみに、お賽銭が一杯投げられてました。

066

塔を上っていくと壁に話に沿った彫刻がありました。

これは蛇の話の内容にそっていくつもありました。

067

塔の上まで行くとこの景色。

市街地に囲まれたこの西湖。湖自体がでかすぎです。

一応、写真の右上に市街地がぼんやり見えます。

 

塔を出て、湖の周りを歩いていきます。

するとこんなものが・・・

069

どうやら遊覧船のようです。

デザインがとっても中国!って感じですよね。

 

湖の周りを歩いてバスターミナルに戻ります。

地図ではそうでもなさそうに見えたんだけど、やったら長い道のりで・・・

0610

気づけば日が傾いてきてました。

なんとなく湖面に映った太陽がきれいだったので激写しました。

結局バスターミナルまで2時間くらい歩きました・・・

そしてまた片道3時間かけて帰ります。

 

戻ったらすっかり夜。お腹もいい感じに減ってきます。

ホテル近くでレストランを探します。

0611

ちょっと写真がぼやけてますけどここで食事しました。

看板にはエビの絵。これは美味しい予感デス。

0612

ナニコレ?・・・エビ?ザリガニ??

メゾ的には絶対ザリガニだと思います。

ザリガニを豪快に丸ごと辛めのソースで炒めたこの料理。

料理も豪快ですが、食べ方も素手で豪快に食べます。

味はまぁ・・・味気ないエビのようでした。ただソースの味付けはウマイ!

他にも青菜の炒め物などお腹一杯頂きました。

0613

もちろん、ザリガニたちも完食!

といっても身がすごく少なかったんだけどね。

 

とまあ、こんな感じで楽しく出張を終えることができそうでした。

が、悪夢はここから始まります。

なんと、帰りの飛行機が遅れてしまい上海から日本への飛行機に乗れませんでした。

上海に一人取り残されて「やべえー」と思いつつも、

なんとかチケット変更してホテルを確保し、翌日無事に帰国できましとさ。


<メゾログよりお知らせ>

以上、2007年一発目のメゾログ更新でした。

今年は早くも中国に行く予定が2件入ってます。(2月と3月)

また面白い写真が撮れたらドシドシ紹介しますね。


<次回予告>

職業斡旋所に特別編の予感・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »