« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月17日 (日)

メゾ 2006年忘年会編

毎度どうも、メゾです。

 

2006年を締めくくる忘年会をやったよ。モチロン幹事はメゾ。

22時からの予定だったのだけども、夕飯の角煮に時間をかけすぎて遅刻・・・

角煮の味付けはばっちりだったんだけどねぇ。

ちなみにメゾ風ではネギとかは入れません。お肉と大根だけで、オマケに煮卵作ります。

とまぁ、角煮の話はほっといて・・・


12/16 21:00  食事を済ませ会場設営に取り掛かる。

 

まずは投網大会の生簀作りから。

デンくらいしか思いつかず適当に船並べて作っちゃいます。

0612161

ただ、会食して戻る頃には退けられてたけどね。

めんどくさがらず永久航路のど真ん中とかに作ればよかったなぁ・・・

※生簀用に使った船、欲しい人にあげます。

 

次は会食用の会場作り。

会食の会場は、前に姉御の誕生会をしたネネタワー前です。

0612162

ただでさえ準備遅れてるのに、ゴリの妨害を受ける図。

ゴリが寝てる間に食料の調達にアンブラへ飛びます。


12/16 22:10ごろ  準備を終えてヘイブンへ

 

ヘイブンにつくともうみんな集まっていました。

SRの懐かしい面々北斗祭りの運営スタッフピンクの変態最長老様・・・

随分と色々集まりました。

とりあえず会食会場に移動して食事しながらお話タイム。

なんかメゾが挨拶したけど、緊張のあまり何言ってるかわかんなくなってた・・・

0612164

お腹を減らすために毒入れてあげたらそのまま死んだ人。

無理してD毒受けるからこうなるのです。

0612165

ピンクの人からSRの話をしてくれって言われたけど、

ググマスのさわり程度の話で終了。


会食を終えて、投網大会へ。

出だしがちょっとつまづき気味だったけどなんとか投網開始。

0612167_1

まぁ、コレもんです。

0612168

0612169

なんか敵の魔法が一杯飛んできたりしてたけど、みんな奮闘してました。

しめさんなんかは久しぶりのUOでかなりしんどかったんじゃないでしょうか・・・

こうして投網大会も終わっていきます。


投網大会を終え、戦利品分配をかねて鈍器フォルテへ。

さっさと分配を済ませてまったりタイムになります。

ほんのり長期戦を匂わせつつも、先週のようにはならず2時ごろ終了。

06121611

皆様、お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

第18回北斗祭り・裏面

毎度どうも、メゾです。

 

第18回北斗祭りが12/9にブリテインで行われました。

まともなレポートはこちらから見るとして、メゾログの裏面レポをお楽しみください。

 


12/9 15:00頃

会場設営を覗きに行くときは大体このくらいから活動開始です。

うおみんでアケさんがアフロ画像を張ってたりしたのでダッシュで向かいます。

182

本部にはもこもこアフロがありました。

早速かぶってみる・・・

さすがに帽子被れないとやだからこの大きさはちょっとなぁと思いました。

会場は、ステージ以外が大体できている状態でしたね。

屋台の出来とかをフラフラしてたらステージ設営が始まります。

184

白いランタンを取って~って言ってる姉御。

ランタン取れなかったので変わりに写真とってみた。

183

ステージ設営が始まると、花壇がダダダーっ埋まっていきます。

185

今回は4方向じゃないせいか、作りやすそうに感じました。

186_1

形ができてくると、タイルがクリスマスカラーになっていきます。

と、そこで以前のあれが脳裏に浮かびます。。。

13_12

これこれ・・・こうなるんじゃないかって思ったんだよ。

でもまぁ、大丈夫でしたけどね。

18_1

白ポインセチアに、トナカイ像といい感じに仕上がりました。

そんなステージ設営中には、クリボーとかお鍋が沸いたりしてました。

187 188

 

ステージしか設営中を見てなかったので今回はこんな感じです。

祭りの内容は北斗祭りHPからどうぞ。

 


<オマケ>

 

まず、ステージの客席設営中に巻き込まれたNPC。

1811

 

次に、もこもこアフロを大工さんに出してもらい念願のピンクアフロに。

1816_1

1817_1

 

そして、クリスマス仕様のデコレーションにメゾの本音。

1810

 


<メゾログより>

とまぁ、久々の斡旋所以外の記事がかけました。。。

ほんと日々の日記がうおみんに根こそぎ取られてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

メゾログ 職業斡旋所7

(1)職業解説と構成について

Photo_59

 ライフキーパーとは、攻撃面よりも回復面に重点を置いたメイジである。人の蘇生はもちろん、ペットの蘇生までをこなす回復のスペシャリスト。一見回復しかできないようにも見えるが、魔法攻撃やペットを使った攻撃を得意とする。
 回復の特徴として、人の蘇生に魔法による蘇生のほか騎士道のNoble Sacrificeを使って一度に大人数を蘇生することができる。また、慈悲の徳を極めることでHP80%の状態で蘇生できるためライフキーパーには必須の徳といえる。
 前衛の戦士や、後衛のメイジのような派手さはないが、回復と援護に徹することでPT全滅の危機を救うことも不可能ではない。

(2)戦術について

 ライフキーパーの立ち回りについて、基本的には援護と回復がメインとなる。敵との距離の考え方として、攻撃を魔法で行う場合は中~遠距離で戦いペットでの攻撃を行う場合は前衛でペットに包帯を巻きながら援護と回復をする。PTにおいては周りのコンディションに気を配るようにし、GHや騎士道のRemove Curseなどで援護と回復を積極的に行うといい。
 死亡者が出た場合は、蘇生を優先し回収のフォローを行う。死亡者が複数いる場合は騎士道のNoble Sacrificeで一気に蘇生できる。Noble Sacrificeを使用する場合の注意として、Noble Sacrifice使用後は術者が瀕死になるため周りの敵に狙われないように使い場所を見極めるようにしたい。

(3)装備品について

●使用武器について
 ライフキーパーは武器スキルを持たないため、何か手に持つならば魔道武器やスペルブックにするといい。スペルブックはマジックプロパティのついたものを選ぶようにしたい。

●ライフキーパーに有効なネーム品
・Staff of Power (MAF)
・Swords of Prosperity (TAF)
・Staff of the Magi (AF)
・Tome of Enlightenment (TMAF)
・Tome of Lost Knowledge (TAF)
・Scrapper's Compendium (上級レシピ)

●防具の選び方
 ライフキーパーの防具の選び方は2通りある。
 ひとつめは、抵抗値とプロパティを優先した防具である。瞑想不可のものを装備なければ特に装備の制限がなく、高抵抗によりある程度の攻撃に耐えることができる。 ひとつ短所を挙げるならば、魔法を使うために秘薬を常備する必要があり援護と回復に魔法を多用するため秘薬が大量に必要になる場合がある。
 ふたつめは、秘薬低減を優先した防具である。秘薬低減を優先するため、高抵抗にするのは難しいが秘薬を使用せずに魔法が使用可能なのは魅力的である。短所として、秘薬低減を優先するため抵抗値が低いため非常に撃たれ弱い。

●アクセサリーの選び方
 アクセサリーはファストキャストとキャストリカバリに重点を置いて選ぶといい。なかでもキャストリカバリは連続して魔法を詠唱するために必要なので多いに越したことは無い。その他としてスキル構成が窮屈なためスキル上昇のアクセサリーを選ぶのも有効である。

●有効なネーム品装備について
・Totem of the Void (MLMAF)
・Rune Beetle Carapace (TAF)
・Nystul's Wizard's Hat (博物館褒賞)
・Hat of the Magi (AF)
・Ornament of the Magician (AF)
・Pendant Of The Magi (上級レシピ)


<職業斡旋所より>

 今回はいつもと違い魔法戦士以外の職業の紹介になりました。とはいえ、斡旋所的には一般的な職業をなるべく避けていきたいと思ってます。

 構成はともかく戦術あたりではあまり参考にならないかも知れませんが、感想などもらえれば泣いて喜びます。

 

 ところで、斡旋所の写真の場所分かりますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

メゾログ 職業斡旋所6

(1)職業解説と構成について

Photo_58

 デュエリストとはハイランダーにサブスキルとして治療を加えたものである。そのうえ魔法抵抗を捨て、戦術と解剖学を持つ特殊な形の魔法戦士である。
 デュエリストの長所は戦術と解剖学を持った打撃力の高さにある。その他、治療スキルを持つため通常回復から解毒、蘇生まで包帯で行うことができる。
 短所としては、打撃力重視にするためM-DEXなのでどうしてもマナが少なくなってしまうので魔法戦においての持久力は低い。それを補うためには、装備品でマナを稼ぐことも有効だが、エルフの種族ボーナスを利用するもの良い。ただし、エルフで徒歩で戦う場合はスタミナ回復に気をつけないとスタミナ切れを起こしてしまうので注意すること。

(2)戦術について

 戦術としては高い打撃力を生かして前衛で積極的に戦う。回復は主に包帯で行い、緊急時にGHなどで回復する。また、EIも高いので攻撃魔法を交えながら戦うのも有効である。ただし、マナが少ないことから1コンボで攻めきる戦術が有効である。
 回復面では、包帯をメインに使うようにする。解剖学、治療共にGMなためL5毒を100%解毒することができる。基本的にM-DEXだが打撃と包帯の巻き速度に重点を置くならばH-DEXにしてもいい。
 ひとつ注意することとして、魔法抵抗を持たないためアシスト系魔法などには十分注意が必要。パラライズ対策としてAPBを必ず持ちたい。

●PT時、前衛で戦う場合
 前衛で戦う場合、戦士と同等の打撃力を持つため戦士同様に戦ってよい。回復を包帯で行い、マナに余裕があれば攻撃魔法を交えて戦ってもいい。また、他の前衛で戦う戦士が壁になってる場合、その戦士に包帯を巻いて援護することもできる。

●PT時、後衛で戦う場合
 後衛で戦う場合、解剖学を持つので他の魔法戦士のようにスペルブックを持って戦うことも可能だが、マナが多くないためあまり後衛には向いていない。PTにどうしても後衛が足りないようならば仕方ないが、そうでない限り前衛に回るほうが良い。

(3)装備品について

●使用武器について
 職業斡旋所において武器スキルとは弓術、格闘以外の近接武器のことをさす。使う得物に関しては自分で使い勝手のよいものでいい。下記の武器についてはあくまで参考程度に考えて欲しい。

●使用武器:ソード
 使用武器がソードの場合比較的速度の速いkatanaやCleaverもしくはBroadswordやLong Swordといった攻撃力の高い武器を使うといい。もし、PvPに使うのならBone harvesterをサブウェポンとして持つことでMortal StrikeやParalyzing Blowといった有効なSPMを使うことができる。

●使用武器:フェンシング
 フェンシングの武器は全体的に攻撃力が低めで速度が速いという特徴を持っている。DaggerやKryssなどLDEXでも速度2sを確保できる武器があるのが魅力的でSPMにInfectingを持つものが多い。毒スキルをもたなくともLesser Poisonを塗った武器なら扱うことができるの。また、攻撃力の高い武器としてSpearや速度は遅いが片手武器のなかで最高の攻撃力を持つLanceがある。

●使用武器:メイス
 メイスの武器は攻撃力の高い武器が多いのが特徴である。MaceやQuarter staffのように速度の速いものやHammer pickやWar axeなど攻撃力の高い片手武器がある。攻撃力の高さのほかにSPMの組み合わせが優秀なのが魅力的である。ただ、過去の修正にてWandの使い勝手が悪くなったが援護などでは十分に使える。

●防具の選び方
 魔法戦士の防具において重要視するプロパティはマナコストである。高いマナコントロールに高いマナコストを持つことによって、攻撃から回復までマナを使う魔法戦士のマナ消費を抑えることができる。またマナ回復もあるに越したことは無いが、瞑想を持っているためマナコストほど重要視せずとも高いマナコントロールを持っている。

●アクセサリーの選び方
 打撃と魔法を両立する魔法戦士にとってアクセサリーはまずファストキャスト、キャストリカバリを確保することが重要である。目安としてはファストキャスト2、キャストリカバリ5くらい。キャストリカバリは5以上あることで魔法待機時間にストレスを感じることなく魔法が使えるようになる。そのほかSPMを確実に決めるための命中やダメージ増加のプロパティを選ぶといい。

●有効なネーム品装備について
・Totem of the Void
・Rune Beetle Carapace
・Nystul's Wizard's Hat
・Hat of the Magi
・Ornament of the Magician


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »